タグ:作品 ( 15 ) タグの人気記事
赤門セミナー太田校

赤門セミナー太田校

太田市浜町28-16 

TEL 0276-57-6100(月〜土 AM13:00〜PM8:00)


爽やかな9月の始まりとなりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

赤門セミナー太田校 おかげさまで好評です。

新学期もよろしくお願い申し上げます。


e0127948_20212549.jpg
info@suzuki-takayuki.com




[PR]
by kaedesugi | 2017-09-01 20:49 | 作品
枠廻り図 開口部 SH
 事務所(室)の枠廻り図を描いてみた。FIXのコーナー窓は、現状、眺めが良くないし、冬は寒くて結露する。ここは杉板等で囲んでしまうことにした。
 引違い部分は内側に建具を追加し、やはり冬の寒さ対策とする。
e0127948_18162843.jpg

[PR]
by kaedesugi | 2011-08-30 18:16 | 建築
苔とモミジの庭
新緑の季節はいいものです。モミジの新緑が美しい頃、苔も青々と美しくなります。いつかは苔とモミジの庭のある家に住みたい!と思いながら我家のマンションリフォーム計画にも励む昨今です。
e0127948_18353220.jpg
小さいモミジが出て来て何とも可愛らしいです。
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村 ブログセンター
[PR]
by kaedesugi | 2010-05-26 18:38 | 建築
長良杉テーブル 白鳥林工協業組合からメール
 先日、テーブルの材料となる長良杉パネルを送っていただいた白鳥林工協業組合の石ヶ谷さんから「ブログ見ました」とのメールをいただきました。うれしいですね。ありがとうございます。
 赤門セミナーのスタッフの方にも好評で大切に使っていただいております。
 ちなみに先日のテーブル、1台3万円ほどで作れます。
(長良杉パネル+テーブル脚4+金物+蜜蝋ワックス)みなさんもお試しください。

 「長良杉パネル」は普通の集成材とは異なり、巾接ぎでパネルになっています。ですからもう、ほとんどムク!杉の柔らかでやさしい手触り、そしてその美しさが楽しめます。実に良かったです。
 我家もリフォームをする際、長良杉パネルでローテーブルを作ろうかと考えています。お酒が美味しく飲めそうですね。

   ※蜜蝋ワックスは小川耕太郎百合子社のものをメンテナンス用として購入済。
   まだ塗っていません。(御参考までに)
e0127948_224664.jpg
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村 ブログセンター 
[PR]
by kaedesugi | 2009-12-28 18:16 | 建築
長良杉のテーブル ソープフィニッシュ 
 午前中は桐生の現場。午後は赤門セミナー太田校に行き、先日の長良杉のテーブルの確認をする。
 杉の木肌そのままの感じを残したかったので先日ソープフィニッシュを試みたのですが、乾燥するのまで時間がかかり、仕上がりが未確認でした。
 北欧家具が好きな方はよくご存知ですが、ソープフィニッシュとは石鹸を水溶液などにして擦り込む仕上げです。木の表情が良く残って素材の美しさを味わえるのですが、汚れに対してはそれほど強くありません。今回は既製品ではなく、無添加石鹸をお湯に溶かして作った石鹸水を塗り込んでみました。
e0127948_075053.jpg
↑材料の石鹸です。148円。カッティングボードはオイルフィニッシュ。
e0127948_19392346.jpg
こんな感じです。えっ、何が変わったか分からない?もう何回か塗れば、もっと白くなると思います。今回はテーブルなので、ずっとソープフィニッシュのままという訳ではなく、時期を見て蜜蝋ワックスを塗りたいと思います。
e0127948_19393114.jpg
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村 ブログセンター 
[PR]
by kaedesugi | 2009-12-25 19:43 | 建築
長良杉のテーブル 赤門セミナー太田校 
 今日は赤門セミナー太田校の現場へ。白鳥林工協業組合の長良杉パネルで、テーブルを2つ作るのが今日のテーマです。

 太田の現場に到着後、長良杉パネル(午前中の宅配を依頼、送り先は「赤門セミナー太田校工事現場」)を待ちながら各所の点検をする。いくつか改善したい箇所があったので、図面を確認しながら印をつける。

 それでもまだ長良杉パネルが来ないので1Fのナカムラヤ書店で本を物色し、塩野七生、アントニオ・シモーネの「ローマで語る」を購入する。(こういう時、1Fが本屋さんだと便利ですな)しばらく読む。それでも長良杉パネルが来ない。

 現場写真を撮る。外に出て改装箇所を眺める。駐車場でトラックから降りる宅急便のお兄さんを発見し、あたかも恋人に駆け寄るようにして声を掛ける。「アンタダレ?」という顔をされる。ナカムラヤ書店さんの荷物でした・・・。あたかも恋人にフラれたかのように赤面する。

 再び椅子に座り「ローマで語る」を読む。まだ来ない。
「来る。来ない。来る。来ない・・・」花が欲しくなる。

 多少イライラした後、すでに12時半をまわっていることに気づき、空腹で絶命しそうになる。

やっと来ました。荷を開きます。美しいですね。しかもこれは裏でした。
e0127948_223518.jpg
それなりの苦労の後、脚を8つ付けました。ダイニングテーブルではないので幅は抑え気味です。長さは1820mm
e0127948_224664.jpg

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村 ブログセンター 
[PR]
by kaedesugi | 2009-12-23 02:17 | 建築
RGB店舗 改装 見積り
店舗改装の見積りを出しました。部屋ごとに赤、緑、青の3原色を配したパーティションが17mほど続きます。いろいろと考えましたが賃貸物件は難しいですね。クライアントに所有権があるマンションのリフォームなどでしたら思い切りできるのですが、所有権のない物件にどこまで手を加えるべきかというのは実に悩みます。みなさんに喜んでいただけるのを祈るばかりです。
e0127948_0355938.jpg
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村
[PR]
by kaedesugi | 2009-11-01 00:38 | 建築
階段収納 ナラ!ナラ!ナラ! ナラ突板 
イタリアワインにEst! Est!! Est!!! di Montefiasconeという銘柄があります。名前の由来は、あまりにも美味しいのでEst! Est!! Est!!!(あった!あった!あった!)と叫んだからだと言われています。
「ライトコートの家」の階段廻り造付け収納はナラ!ナラ!ナラ!です。階段、天板、扉をナラで統一しています。
写真にあるナラ突板の扉は階段と干渉しないところに設けています。スライド蝶番を90°開いたラインがピッタリ階段のラインです。ささら桁(階段を支えるギザギザした斜めの桁)を中央にする事で、両者がぶつからない逃げを確保しています。
e0127948_16554025.jpg
e0127948_16554839.jpg
↑階段と当たらないように詳細図で検討しています。内部はシナ合板です。
e0127948_165557100.jpg
正面から見るとこうなっています。
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村
[PR]
by kaedesugi | 2009-10-16 17:01 | 作品(狭小住宅)
連続収納パラパラ 斜め ナラ集成材
「ライトコートの家」の造付け収納です。連続するその長さは5m40cmもあります。
特徴は
1.ダイニングテーブルの高さに合わせ、アルミサッシの下枠(框)を隠しています。
2.箱本体は大工工事でコストを抑え、ライトコートに登る階段も付けています。
3.左右の奥行きが異るので、斜めの部分があります。ちゃんと開きます。

素材はナラ集成材。斜めの部分が私のお気に入りです。
開いたときのイメージからパラパラと(秘かに)呼んでいます。
e0127948_20202471.jpg
↑実は斜めの設計が大好きです。
e0127948_20204552.jpg
↑パラパラという感じがしませんか?
e0127948_2021027.jpg
全体写真です。朝日が美しい日でした。布団は気にしないでください。
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村
[PR]
by kaedesugi | 2009-10-14 20:29 | 作品(狭小住宅)
ライトコートの家 1 狭小住宅 建築家 シンプルなデザイン 
「ライトコートの家」の外観です。住宅のタイプとしては都市型の狭小住宅ですが、こちらの敷地は間口が広く、建物の延床面積も結構広いです。(狭小住宅としては広い方)それぞれの窓は、タテかヨコいずれかは大きくしたり工夫することによって「広がり」が感じられるように設計しました。
e0127948_2333836.jpg
(中)外壁を見上げると青空と雲がきれいでした。
e0127948_2335223.jpg
(下)W=2.9mと住宅としては幅広の窓です。高さ2.1mの天井まで窓があるので、視線はなめらかに外部に誘われ、ゆったりと居心地の良い空間になっています。
造り付けのデスクは幅2m、ナラ集成材です。
e0127948_2318213.jpg
法改正直後の木造3階ということで構造設計、設備設計等にコストがかかり、非常に大変でした。昨年も建築士制度の改正がありましたが、構造設計、設備設計の資格者不足が、いずれ問題になるかもしれません。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村
[PR]
by kaedesugi | 2009-02-18 23:30 | 作品(狭小住宅)



建築家 鈴木隆之   素材とシンプルな空間の美を追求しています。            鈴木隆之建築設計事務所
by kaedesugi
リンク
ライフログ
カテゴリ
全体
プロフィール / profile
所在地 / アクセス
掲載誌 / メディア
作品
作品(狭小住宅)
 
建築
cafe
書籍

その他
タグ
(99)
(45)
(43)
(36)
(31)
(30)
(30)
(25)
(25)
(24)
検索
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2006年 04月
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
オペラ・ブッファの最後の名曲
from dezire_photo &..
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧