<   2009年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧
冬の京都 
2月の末に、家族の慰安(?)のため、京都に行くことになりそうです。
事の発端は、ストレスが臨界点に近づきつつある妻が
「どこか行かないと死ぬう〜死ぬう〜」と騒いでいたので
「おう、それじゃあ保険金増やしとかないとね〜♫」とフザケて応えてしまい、ご奉仕することになりました。(冗談の通じないヒトで困っちゃいます)
「京都?いいじゃないか」と思われるかもしれませんが、凶暴な2歳児と老夫婦も引率しなければならないところが悩ましいのです。
桂離宮は18才以下では入れませんし、家族は「金閣寺とかメジャーなところに行こうか!」などと恐ろしいことを話しています。(私は混んだお寺が嫌いなのであります)高桐院と円通寺を候補に挙げたいのですが「ええまたあ?」と妻に言われるんじゃないかと思うと怖くて言い出せない・・・。
 蓮華寺とか行ってもウケないですかねえ。モミジの枝葉が池の水面の上でフワーっと浮かぶ感じがいいんですよねあそこは。冬だとよほどのマニアでないかぎりツライかも。ここで蓮華寺の美しいブログを発見!吉村順三氏は蓮華寺が大好きだったそうですが、冬も行ったのでしょうか?私は冬に行った記憶があるような、ないような、ちょっと思い出せません。
 他に思いついたのは高山寺の石水院 これまた非常に美しい写真を発見し、感激です。もはや私が写真を撮りに行く意味はない?それにやっぱりモミジの葉がないと空間の見え方が違う・・・おまけに冬だと寒そう。子供に泣かれそう・・・。
南禅寺のあたりで、湯豆腐屋さんのそばから離れないのが賢明か?
悩みはますます深くなります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by kaedesugi | 2009-01-27 23:42 | ◦ 建築 | Comments(0)
月刊「母の友」 福音館書店 飯野和好 鎌倉のアトリエ
「母の友」(福音館書店)という月刊誌をいただきました。(ありがとうございます)
表紙絵は酒井駒子さんのものでした。
母ではないけれど、私も育児してるもんねと思いつつ盗み読んでみると、これがなかなか面白いのです。中でも絵本作家のアトリエというコーナーが非常に面白い。
もう既に24回目くらいの特集ですが、今回は「あさたろう」の作者、飯野和好氏の鎌倉のアトリエです。
本格的な板張りの自宅(?)を背に、着物姿で刀を差した飯野氏の写真が載っているのですが、アヤシーい感じに溢れていて非常に楽しいのです。
でも大丈夫ですか?こんな写真載せて?銃刀法違反で捕まったりして・・・。(なわけないか)外国人観光客が見ちゃったら驚いて悲鳴をあげるか、大喜びしちゃうんでしょうね。いろいろ考えてしまいます。生で見てみたい。
文章も、作家のこれまでの人生を辿る非常に興味深い内容となっております。
子育て中の方におススメです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by kaedesugi | 2009-01-23 18:25 | ◦ 書籍 | Comments(0)
東京都庁舎 改修 約1000億円?
先日、東京都庁舎(設計:丹下健三)約1000億円という記事を読みました。
本当でしょうか?
疑ぐり深くて、スイマセン。でも見積の中身、内訳とか、相見積を何社、どこにとったのかが分からなくては判断できないような気がします。それと民間の超高層ビルの改修費用、請負先とかも都で調査、公表していただけるとなお分かりやすいです。
e0127948_1761466.jpg
個人的に都庁舎は超高層として良いデザインだと思っています。(いくつもあったらちょっと困りますが)東京観光の目玉として経済波及効果も正当に評価してあげたら良いのでは?とも思っております。
もちろんシンプルで、美しくて、維持費用が少なくて、観光の目玉にもなるような建築ならば最高です。つくってみたいものです。

<その後の新聞記事より>
総額780億円で空調や給排水などの設備のみを改修するとありました。(2月10日)設備の割合が非常に大きいですね。これは超高層なら似たり寄ったりでしょう。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by kaedesugi | 2009-01-16 17:11 | ◦ 建築 | Comments(0)
鵤(いかるが)工舎 小川三夫
建築士会の会報「建築士」ですが、鵤(いかるが)工舎 小川三夫氏の話も面白かったです。西岡常一棟梁の唯一の内弟子だった方ですね。

(小川氏)「今は建築の法規が相当邪魔しますな。だからいじいじしてしまう」

具体的には何を指しているのか分かりませんが、仕事やりにくいでしょうねえ。
手抜き業者を想定して改正された今の法規は、レベルの低い方に合わせてますから、
建築はどんどんつまらなくなってしまう。世界の名建築の九割九分は、日本で造れないんじゃないでしょうか?法規の問題で・・・。(半分酔ってるので、この数字に責任は持てません)

(小川氏)「法隆寺の五重塔のような1300年もっているものがなんでダメなの。そこらをちょっと見直さないと、大胆なものもできない」
 五重塔なら適合性判定にまわされて、関係者(判定者)からは『触らぬ神に祟りなし』ってことで突き返されて、お金だけとられて「はい。さよなら〜」となりますねえ。文明が衰亡する時に立ち会っているようで、寂しくなってきます。
少し戻って
(小川氏)「感性を磨くには、奈良で生活しなくちゃならんですな。あそこにいると自然と身に付いてくる・・・」
以前、造園家の明貫厚氏も「京の大工棟梁と七人の職人衆」笠井 一子 (著) の中で似たようなことを言っていたと思います。なるほど。骨董の修業にも似ているような気がします。

「鵤工舎の仕事 長泉寺建立記」 2008年12月出版
e0127948_1857384.jpg
↑善徳寺 山門 (足利市) 小川三夫氏、鵤工舎によるものです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by kaedesugi | 2009-01-14 00:02 | ◦ 建築 | Comments(0)
丑年 ビステッカ アッラ フィオレンティーナ キアーナ牛
今年は丑年だそうで、新年はステーキを食べました。
サッカーのW杯予選での勝利を願って(?)オージービーフを食べました。
オリーブオイル、ニンニクと塩でシンプルに焼くのが好きです。
しかしここ数年、ステーキで食べたいと思うのは
ビステッカ アッラ フィオレンティーナ(Bistecca alla Fiorentina) です。
フィレンツェに行かれた方は、食べた方も多いと思われます。霜降りではない肉本来の旨味が非常に魅力的です。
とは言いましても、材料のキアーナ牛が手に入るわけないので、諦めるよりほかありません。
キアーナ牛を輸入飼育してみたいなあと妄想する正月でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by kaedesugi | 2009-01-10 15:05 | ◦ その他 | Comments(2)
サッシ偽装 金澤烏鶏庵
昨日はサッシ偽装のニュースが流れていました。ウソはいけませんね。
つくれないなら売らなければいいのに・・・と思います。
しかし大臣認定で耐火性能20分間ならばOKというのも、別に根拠があるわけでもありません。ちなみに窓が開いていたら火は入ってきます。
この世は実に難しいものです。みなさま火事には気をつけましょう。

明るい話題として、今日は金澤烏鶏庵のカステラをいただきました。その名が示す通り、烏骨鶏の卵をふんだんに使ったカステラです。とろけるようなまろやかさとコク。
至福の一時でした。写真を撮っておけば良かったと思いましたが後の祭りです。
W様たいへんありがとうございました。
このカステラ、実は妻と娘がいただいたのですが、便乗して、私も食べてしまったのです。みなさま泥棒には気をつけましょう。

追記:妻の言葉 「セコムしてたのに!」

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by kaedesugi | 2009-01-09 17:22 | ◦ 建築 | Comments(2)
超高層マンション 維持監理 購入 資産
建築士会の会報で「建築士」というものがあります。ふだんは殆ど読まないのですが、正月号は非常に面白かったです。まず会長の藤本昌也氏との対談における巽和夫(たつみ かずお)京大名誉教授の発言です。
「(前略)最近は超高層マンションが流行っています。デベロッパーは付加価値を高めて儲けようとしているだけですから、経済至上主義が典型的に現れている。でも、区分所有の超高層マンションがこれから数十年たったらどうなるかと、悲惨なことになると思います・・・」
やっぱりそう思いますよね。マンションを購入される方は良く考えてから買われた方が良いと思います。でもマンションを買われる人は、余計なこと(?)を言う建築の専門家などとは出会うことのないまま買われてしまうケースが多いのでしょうね。超高層マンションの見晴らしや陽光は魅力的ですから、やっぱり「欲しい!」と思われる。
しかし超高層マンションを「所有」すると、のちのち子供やお孫さんがその管理責任を問われかねないので、解体費用等を工面できる別種の資産をセットで残しておいた方が良さそうです。あるいは適当な時期に売却してしまうのでしょうか・・・。
 最近テレビ東京のWBSを見ていると、よく「コンパクトシティー」という言葉を言っています。縮小する地方都市、郊外は、今のままだとインフラの維持管理ができなくるというような特集を過日放送しておりました。良い特集だったと思います。超高層マンションも同じ理屈で(区分所有者の経済的縮小)維持管理できなくなる恐れがあると思うのですが、流れているCMを見るとそんなことは言えません。

「建築士」の鵤工舎、小川三夫さんの特集はまた後日に・・・。

補足)コンパクトシティー:学生時代、大西隆先生が良く話していたような記憶があり、懐かしいです。大西先生は私のようなよその研究室の人間にもビールを振る舞ってくださる心の広い方です。(でも都市はコンパクト)

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by kaedesugi | 2009-01-08 18:11 | ◦ 建築 | Comments(0)
2009
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by kaedesugi | 2009-01-06 01:51 | ◦ その他 | Comments(2)



建築家 鈴木隆之   素材とシンプルな空間の美を追求しています。            鈴木隆之建築設計事務所
by kaedesugi
リンク
ライフログ
カテゴリ
全体
プロフィール / profile
所在地 / アクセス
掲載誌 / メディア
作品
作品(狭小住宅)
 
建築
cafe
書籍

その他
タグ
(103)
(43)
(41)
(36)
(31)
(30)
(30)
(25)
(25)
(24)
検索
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2006年 04月
最新のコメント
突然のご連絡失礼いたしま..
by ㈱リクルートライフスタイル五木 at 16:07
ありがとうございます ^..
by スズキ at 23:49
すごいなー!おめでとうご..
by マキタ at 22:21
いつもありがとうございま..
by 林工のいし at 15:45
takenoさんこんにち..
by スズキ at 18:41
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
オペラ・ブッファの最後の名曲
from dezire_photo &..
Skypeボタン
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧